賃貸契約に関する諸経費まとめサイト

高齢社会から生まれた経費

保証料

家賃保証会社に支払う保証料とは、万が一入居者が家賃を支払わなかった場合に、保証会社が一時的に入居者の代わりに家賃を支払うものです。
保証会社の利用を求めてくる大家さんや不動産会社としては、毎月確実に家賃をおさえることができる点が大きなメリットです。
毎月確実に支払いができる入居者にとっては不必要な出費となってしまうが、突然リストラにあったり病気にかかったりしないとは限らない。
また、身近に保証人となってくれるような人がおらずこれまで賃貸物件を契約することができなかった方でも保証人なしで物件を契約することができる点はメリットとなります。
金額の相場は保証会社によって違います。
保証金額が高くなるほど保証が充実しますが、万が一の際のお金なので高すぎる場合には注意しましょう。

引っ越し費用

これまで暮らしていたところから、別の賃貸物件に住所を移す場合に発生するのが引っ越し費用です。
大きな家具などがある場合や遠方に引っ越しの場合、料金が高くなります。
荷造りは友だちに手伝ってもらい、引っ越しは実家の車で、などという場合にはかなり安く抑えることができます。
月末や週末、3月、4月は特に忙しい業者が多いので、その時期を避けるだけでも料金を下げることが可能となります。
とは言っても、急な転勤などで急いで引っ越す必要がある場合もあるでしょう。
引っ越し会社によって金額が変わってくるのでいくつかの業者から見積もりをとるとお得になる可能性が高いです。
また、勇気を出して料金を交渉してみると値下げに応じてくれることもあります。


この記事をシェアする