賃貸契約に関する諸経費まとめサイト

賃貸物件に住むということ

敷金

賃貸契約を解約して部屋を出る時に、できてしまった傷や汚れなどをきれいにして部屋の状態を回復させるためにあらかじめ支払っておく費用のことを敷金と言います。
部屋の状態を回復させることは原状回復と言います。
目安としては家賃の1か月分です。
修復にかかった金額が引かれて、残った分は手元に戻ってきます。
部屋をとてもきれいに使っていた方は全額戻ってくる可能性がありますが、実際に戻ってくることはあまりないようです。
入居前、もしくは入居後すぐに気になる傷や汚れについては写真を撮って貸主に報告しておくと良いでしょう。
敷金返還をめぐってトラブルになるのを防ぐことができます。
賃貸物件の多くでこの敷金が発生していますが、敷金ゼロの物件も存在します。

礼金

礼金とは、部屋の持ち主である大家さんに部屋を貸してくれたことに対するお礼の気持ちで払うお金のことです。
目安は敷金と同じくこちらも家賃の1か月分です。
もともとは、賃貸物件が不足していた時代に部屋を貸してくれた大家さんに対してお礼としてお金を渡す、ということが慣習化したものです。
現代では賃貸物件が増えたので大家さんに対して特別に感謝している方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、慣習として残っているのです。
礼金はお礼の気持ちなので、敷金とは違い、退去時に戻ってくることはありません。
礼金を抑えたい、という方は礼金ゼロの物件も存在しています。
地域により礼金ゼロの物件の割合は大きく異なります。
お住まいの地域の礼金についてぜひ調べてみてください。


この記事をシェアする