賃貸契約時に掛かる諸経費

賃貸契約に関する諸経費まとめサイト

賃貸物件に住むということ

これまでに賃貸物件にお住まいになったことがある方は、すでに敷金、礼金を支払ったことがおありの方がほとんどではないでしょうか。 賃貸契約の際にかかる初期費用のなかでもメインとなるのがこの敷金、礼金です。 不動産会社のテレビCMなどで耳にしたことがある方も多いでしょう。

メインとなるのは敷金・礼金

賃貸物件は、住居を決めるにあたって身近な選択肢のひとつです。
賃貸住宅に一度も済まずに一生を終える方の方が現代では少ないかもしれません。
それくらい、私たちの暮らしになじみ深いものとなっています。

初めて賃貸物件で暮らす場合には、物音や話し声の大きさに注意が必要です。
集合住宅では、隣や下の階の部屋に想像以上に音や声が響いてしまうことがあります。
騒音はご近所トラブルになりやすい事案ですので、気を付けるようにしましょう。
内見の際に防音性についても確認しておきたいところです。
また、内見は明るい時間帯と日が落ちてからの時間帯、両方しておけると安心です。
昼に訪れてとても静かな場所で落ち着いて暮らせそうだと思っていても、夜になると人通りがなく真っ暗で安全性に不安を抱く場合などもあるためです。

賃貸物件を選ぶ際には、最寄り駅や駅からの距離、交通手段、家賃、間取り、広さ、日当たりなど人それぞれこだわりたいポイントがたくさんおありでしょう。
こだわりポイントに優先順位をつけて物件をチェックしていくと整理しやすくなります。
物件を探し、あるところについては譲らず、あるところについては妥協し、実際に内見して自分が住みたいと思う物件を見つけます。
そしていざ賃貸契約、という時に気を付けていただきたい点があります。
それは、賃貸契約時には家賃以外にも諸経費がかかるということです。
このサイトでは、賃貸契約時にかかる諸経費についてお伝えします。

おすすめリンク

不動産会社の仲介に対して支払う

大家さんと直接交渉して賃貸契約を結ぶという方はあまりいらっしゃらないでしょう。 物件を選ぶ際は、まず不動産会社に行って希望を伝え、いくつか物件を紹介してもらい内見をして決める場合がほとんどではないでしょうか。 この場合に不動産会社の仲介に対して支払うお金が発生します。

高齢社会から生まれた経費

物件によっては家賃保証会社の利用が必須の場合があります。 以前は連帯保証人がいればそれで済んでいたのですが、保証人がいる場合にも保証会社の利用を求められることが多くなってきています。 保証人となる方が高齢になり実質的な保証人であることが難しくなってきていることが背景にあると考えられます。